財産分与

財産分与とは

離婚相談所-離婚サポート委員会-ざいさんぶんよイメージ写真 財産分与とは、婚姻中の夫婦の協力によって築いた財貨と資産を離婚のときに分配することをいいます。婚姻前の財産は、対象にはなりません。一方の名義であってもその財産の形成に相手方の寄与が認められれば妻にも分与されます。 また、今述べたような清算面の他にも、離婚後の相手の生活を扶養するための、扶養的もしくは慰謝料を包含した意味合いでの慰謝料的財産分与が行なわれることもあります。

1.精算的分与

婚姻中の共有の財貨と資産や実質的な共有の財貨と資産の精算です。

2.扶養的分与

経済的に弱い立場にある配偶者が自立をするまでの援助として月々分割で財産分与を受け取ります。支払期間は一般的には3年程度が目安となります。

3.慰謝料的分与

財産分与に慰謝料的な意味合いを含めて、清算する事もあります。

財貨や資産を分け与える範囲

土地や不動産、その他の動産、株券、ゴルフ会員権、証券、退職金なども分与の対象になります。また、財産分与は、住宅ローンなどのマイナスの財産も含まれます。住宅売却の際には時価から住宅ローンの残債を除いた手元に残る現金部分もしくは負債部分が分与の対象となります。

財産分与についてよくある質問

離婚相談所-離婚サポート委員会-財産ぶんよイメージ写真・住宅ローンがある場合は、そのように処理すれば良いのでしょうか?

・専業主婦であった場合には、財産分与としてどれ程もらえるのでしょうか?

・相続で得た財産も財産分与に含まれるのでしょうか?

・夫婦共有名義の不動産は、どのように処理すればいいのでしょうか?

・財産分与として生命保険や退職金の扱いがわかりません?

フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相だん窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ