離婚相談所 離婚サポート委員会とは?

イメージ離婚サポート委員会は、アイリス綜合行政書士事務所が主体となり全国の婚姻解消に関する様々な問題を解決することを目的として結成しました。多くの相談を受けてきた行政書士や司法書士などの専門家が、法務的な観点からアドバイスをしております。また、公正証書作成や不動産売却など、各種手続きを承れます。派生する手続きは、離婚サポート委員会にお任せください。

離婚相談の必要性

婚姻解消するということについて、どのような気持ちをお持ちでしょうか。本当にすべきなのでしょうか。もしくは、我慢してでもそのまませずにいるべきなのでしょうか。どちらの選択が、その後の人生を考えた上でより有益なのでしょうか。迷うのは当然のことです。離婚サポート委員会がご自身の判断のお手伝いができれば幸いです。

また、すでにリコンするという決心が固まっているのであれば、財産分与慰謝料親権養育費面接交渉など決めておかなければならない多くの事柄があります。これらの取り決めについては離婚サポート委員会を是非ご活用下さい。数多く携わってきた専門家が、一人一人に適した手続をご提案できるかと思います。

離婚相談をするのは初めてという方へ

  • 其の一 親切、丁寧をモットーとしています。
  • 其の二 予約状況により即時可能です。
  • 其の三 業界初!土日や夜間(要予約)も可能です。
  • 其の四 国家資格者の行政書士が対応します。
  • 其の五 継続的サポートも承れます。

離婚の相談をするのは初めてという方へ

緊張する必要もありませんし、恥ずかしがることもありません。あなたの人生を切り開くために必要な情報を得るだけなのですから。明るい未来への第一歩です。

離婚相談をするのは2回目という方へ

前回はいかがでしたか?満足であればその先生にお願いすれば良い訳ですから、このHPは見ていないはずですよね。前回の婚姻解消の相談と離婚サポート委員会を比較検討してみてください。

離婚相談の前に用意しておくモノはあるの?

「時系列や争点をまとめておいてください」と他の離婚相談機関で言われたことはありませんか?離婚サポート委員会-では、事前に用意しておくモノはありません。必要な情報は、一つ一つ丁寧にお伺いします。

相談後の流れ

  • (例)協議離婚のモデルケース
  • 1. 相談
  • 2. お見積もり
  • 3. 離婚協議書又は公正証書の原案作成
  • 4. 公証役場手続き
  • 5. 協議離婚届の提出
  • 離婚サポート委員会の離婚相談が、複雑な離婚問題を解決するための指針を示すことができれば幸いです。

離婚サポート委員会からのメッセージ

最近の結婚を考えてみると、「夫婦別姓」「週末婚」「別居婚」「専業主夫」最近では同性間の結婚も議論の的となっております。身近にいる友人を見渡しても、夫婦それぞれ違ったスタイルの結婚生活を送っています。そうなれば、こと離婚に関してだけ皆同じ・・・という訳にはいかない事は想像に難くないと思います。しかし、婚姻解消に関しての情報は結婚の時とは違い、ほとんどの人が多くを語りたがりません。結婚当時、周りが驚くほど聞いてもいないのろけ話をしていた友人も、「離婚したの……」という時は、あっさり何事もなかったように次の話題へ移ります。そこでいざ思ってもいなかった自分の離婚危機がやってくると、周りの友人は上手く離婚したのに、自分だけがこんなに悲惨な目にあっているのでは……?と感じてしまいます。しかしそれは違います。

なぜそんなに悲惨な気持ちになるのか?

それは婚姻解消に対するケーススタディがあまりにも不足しているからです。結婚したときを思い起こしてみてください、周りの既婚者は「結婚するなら優しい人が一番よ!」「愛は冷めてもお金は冷めないわよ!」「価値観が同じ人ではないと駄目ね!」「夫にするならマメな人がいいわよ!」結婚前には誰もが一度は言われたことでしょう。入籍や結婚式などの手続に関しても、本屋へ行けば幸せ感いっぱいの情報誌がたくさん並んでいます。

一方離婚の手続について本は、大抵本屋の奥のほうに位置していて、どれも手にとるのをためらいます。最近はインターネットの普及で書籍はもちろん必要な情報がいつでも手に入るようになりましたが、本当に望んでいる情報を得るまでには膨大な時間がかかります。身近に離婚相談に乗ってくれる友人がいたとしても、自分の味方をしてくれるのは心強いけれど、解決の糸口になることは多くありません。思い浮かぶ周りの経験者にも離婚相談してみたいけれど、あまり根掘り葉掘り聞く訳にもいかないでしょうし、やっと落ち着いて暮らしている人に過去の話を蒸し返すのは如何なものかとも思います。

これだけ情報が氾濫している世の中で、なかなか自分の欲しい情報が手に入らないというのはとても不安なものです。似たような事例を見つけては一喜一憂し、医学書のような分厚い専門書を読んで、具合が悪くなったことがある方は少なくないと思います。

私たちが、離婚相談所-離婚サポート委員会-を立ち上げるにあたって、まずお伝えしたいのは、人と全く同じ離婚はないということです。自分の立場を本に載っている事例に当てはめるのではなく、自分の理想の離婚像を描いて欲しいということです。ただし、相手がいることを忘れないことです。その上で可能な限り良い道を選択してください。それから自分に出来る事を考えてください。少しでも理想に近づける為には努力も必要です。

娘の体育座り

いつのことだったでしょうか。
あの子が体育座りをし、顔を下に向け両手で耳をふさいでいることに気づいたのは。
私と夫がケンカを始めると、あの子が部屋の隅に行き、体育座りをし、私たちのケンカの声を必死で聞くまいとするんです。
家は狭いマンション住まいでしたので、子供には他に逃げ場がなかったんですよね。
私も夫もお互いを罵ることに夢中になっており、勢いがつくと夫は私に暴力をふるってきます。
私は自分の身を守るのに必死で、子供が何をしているかに気づく余裕がまるでなかったのですが、ある時、ふと娘の行動が目に入ってきたんです。気づいたとき、愕然としました。
私たちの感情的なやりとりに耐えられず、あんなにも小さな体を更に小さくして、おびえている。寝るためにパジャマに着替えふとんに入っていたはずなのに、肩を震わせながら声を殺して泣いているんです。
一気に怒りが悲しみに変わり、私は畳に崩れ落ちました。私のヒステリックな叫び声は、子供からみたらどう見えるのか……、
私が殴られる姿は子供にどういう影響を与えるのか……。
だんだんとそういうことを考えるようになりました。子供がせめて成人するまでは、と度重なる夫の暴力に我慢していたのですが、子供のそんな姿を見てしまっては私が我慢することが決して子供のためにはならないということがハッキリしました。
そして離婚を決意しました。しかし、決意はしたものの実際に行動に移すことが怖かったんです。今まではたまに起こる嫌なことさえ我慢していれば、毎月の収入はあったのですから。
そのようなとき、ふと目に留まったのが離婚相談所-離婚サポート委員会-だったのです。……

フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相だん窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ