審判離婚

調停の話し合いにより成立させた方が双方の利益になると考えられるのに、わずかな意見の相違や対立により成立する見込みがない場合、家庭裁判所は調停委員の意見を聞いて、職権で婚姻解消を成立させることができます。

 メリット

  • ・ 感情的対立が激しい人が家庭裁判所による決定であれば従うことが多い。

 デメリット

  • ・ 二週間以内に異議申し立てがあると審判の効力がなくなる。

審判による離婚の方法

調停の終結方法の一つであり単独で手続きすることはできません。ただし、調停の回数を重ねて取り決めも大方合意に至り、それでも尚、調停成立に行き詰まるときには、審判をしてもらうよう頼むのも一方法です。

審判離婚の問題点

実務上、ほとんど活用されておりません。上記で述べたように調停成立に行き詰まるときに審判をしてもらうよう頼むこともできますが、原則採用されません。

フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相だん窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ