親権・監護権とは

親権とは

父母が未成年の子に対して有する身分上・財産上の保護・監督・教育を内容とする包括的な権限及び責務の総称です。

監護権とは

監護権とは未成年の子を引き取り育てる権利のことで、親権から身分行為の代理権と財産管理権を除いた権利義務の総称です。

親権者の指定

親権者を指定しなければ離婚することはできません。子供が複数いる場合は、それぞれについて指定しなければなりません。ですから、離婚に合意していても親権者が決まらなければ離婚できません。婚姻時のように双方を親権者とすることもできません。必ずどちらか一方を親権者とする必要があります。中学生までは母が親権者で高校生からは父が親権者というように条件を付けることもできません。子供が生まれる前に離婚すると母が親権者になります。但し、出生後協議により、父を親権者とすることもできます。

家庭裁判所の判断基準

審判や裁判では「子の福祉」を最優先に考えます。子が幼年のときには母親の元で育つことが「子の福祉」にとり良いとされています。また、家庭裁判所は、現在の状況を非常に尊重しており特別の事情がない限り、子の世話をしている親を親権者とするケースが多いようです。経済力はそれほど重要な要件ではありません。子がある程度の年齢に達しているときにはその子の意思が尊重されます。夫婦共に働いているときには、監護補助者の存在も大切になります。働きに出ている間に子供の面倒を見てくれる祖父母の協力が得られればプラス材料です。

親権についてよくある質問

・ 妻の浮気が離婚原因ですが、それでも父親が親権を得るのは難しいでしょうか?

・ 調停で親権を争うにあたって、祖父母の協力は、考慮してもらえるのでしょうか?

・ 後々、親権を変更することは出来ますか?

フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相だん窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ