協議離婚

イメージ 代表的な制度であり、日本の約90%がこの制度を利用しています。日本以外では協議による婚姻の解消を認めていない国、裁判によってでないとできない国、また認めない国も存在します。

 メリット

  • ・ 早期解決が出来る。
  • ・ 理由を問われない。

 デメリット

  • ・ 冷静な話し合いが難しいので、お互いの希望の歩み寄りが難しい。
  • ・ 十分な取決めが行われないケースが多く離れた後でも紛争が多い。

協議による婚姻解消の方法

離婚届を本籍地または居住地の役所に提出します。郵送での手続きも可能です。

協議離婚の問題点

離婚届を届け出てはじめて成立します。記入しただけでは成立しません。また、戸籍係には届出書が本人により記入されたかどうかの審査権がなく、印も実印である必要はありません。ですから、届出書を本人の知らない間に提出される危険があります。その対策として、あらかじめ不受理申出を出して受付を止める方法と、提出された後ならば無効の調停を申し立てる方法があります。また、安易に親権者を決定するとその後変更する為には家庭裁判所に調停を申立てなくてはなりません。とりあえずリコンを・・・というのは出来るだけ避けたいものです。

フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相だん窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ