NEWS

民事執行法の改正により、養育費の強制執行について制度が見直されました。これまでも、公正証書、調停、審判、判決で養育費の支払いを決めれば、これら債務名義をもとに相手方の財産を差し押さえることが出来ました。その後に不払いがあると、同じ手続きを繰り返さなくてはなりませんでした。しかし、今回の民事執行法の改正により、将来分の養育費についても、差し押さえることができるようになりました。また、差し押さえの幅についても見直され、給与の4分の1から2分の1になりました。正確には、給与から税金と社会保険料を差引いた金額の2分の1を差し押さえることになります。また、給与から税金と社会保険料を差し引いた金額が66万円を超える場合には、33万円を超える部分について差し押さえることができます。この新制度を活用するためにも、養育費については、公正証書にて金額や支払方法、期限を取り決めておきましょう。

newsイメージ

フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相だん窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ