HOME

離婚相談所-離婚サポート委員会-は、行政書士が主体となり結成致しました。離婚業務の経験豊富な専門家が有益な情報を提供致します。当委員会は、離婚に伴う手続きのワンストップサービスを提供致します。行政書士(離婚協議書作成、公正証書作成)、司法書士(登記)、税理士(税務相談)等、各国家資格者が離婚手続きを承ります。また、当事者間に利害対立の恐れがあり、交渉、調停ないし訴訟等に至りそうな場合は、弁護士をご紹介致します。離婚手続きは、まずは当委員会へご相談ください。


主なサポート内容


1 情報の提供

離婚に伴い何を取り決めておくべきなのでしょうか。主な取り決め項目は、財産分与慰謝料親権養育費面接交渉となりますが、ご夫婦の協議に際し、正しい知識が必要と考えられます。当委員会は、豊富な離婚協議書作成の経験を活かし、有益な情報を提供致します。法律相談の必要な方は、弁護士をご紹介致します。

2 離婚カウンセリング

あなたは、離婚に対し、どのような気持ちをお持ちですか。本当に離婚に合意するべきなのか?子供のため、離婚を拒否するべきなのか?離婚問題に直面したときに多くの方が抱く重要な決断です。迷うことは、当然のことです。当委員会があなたの判断に少しでもお役に立てれば幸いです。

3 離婚協議書作成手続き

離婚協議書作成手続き、離婚協議書作成に付帯する相談は、経験豊富な当委員会へご依頼ください。本HPに離婚協議書見本を掲載しておりますが、実際に盛り込む条項は、個別的な事情に応じ、千差万別です。当委員会をご利用頂いた場合は、離婚協議書に国家資格者の職印を押印致します。国家資格者の職印を押印することにより、真正な契約を交わした証明となります。

4 公正証書作成手続き

公正証書作成手続き、公正証書作成に付帯する相談は、経験豊富な当委員会へご依頼ください。養育費や慰謝料の分割払い等、長期間金銭給付を受ける契約を交わす場合は、公正証書作成は、必須と考えられます。公正証書は、裁判判決と同様に強制執行可能なため、債務者の給与債権の差し押さえも可能です。

5 調停、裁判手続き

離婚協議の整わないときは、弁護士へ委任し、離婚交渉を弁護士へ委任する方法があります。弁護士は、状況を見極め、示談交渉や離婚調停を検討致します。当委員会は、弁護士をご紹介致します。

離婚相談所‐離婚サポート委員会‐の特徴

当委員会は、親切、丁寧をモットーに、お客様目線のご対応を心掛けております。また、迅速な対応を心掛け、原則、即時(即日)対応致します。土日、祝日のご相談、更に夜間(要予約)のご相談も可能です。


ご相談窓口

東京都行政書士会会員(行政書士)

コラム

離婚相談書-離婚サポート委員会-からのメッセージ

昨今、夫婦の在り方を見てみますと、「夫婦別姓」「週末婚」「別居婚」「専業主夫」、最近は同性間の結婚も議論の的となっております。身近にいる友人を見渡しても、夫婦それぞれ違ったスタイルの結婚生活です。そうなれば、こと離婚に関してだけ皆同じ・・・という訳にはいかないことは想像に難くないと思います。しかし、離婚に関しては、結婚のときとは違い、ほとんどの人が多くを語りません。結婚当時、周りが驚く程のろけ話をしていた友人も、「離婚したの……」というときは、あっさり何事もなかったように次の話題へ移ります。そこでいざ思ってもいなかった自分に離婚危機がやってくると、当時周りの友人は上手く離婚したのに、自分だけがこんなに悲惨な目にあっているのでは……?と感じてしまいます。しかし、それは違います。

なぜそんなに悲惨な気持ちになるのか?

それは離婚に対するケーススタディがあまりにも不足しているからです。結婚したときを思い起こしてみてください、周りの既婚者は「結婚するなら優しい人が一番よ!」「愛は冷めてもお金は冷めないわよ!」「価値観が同じ人ではないと駄目ね!」「夫にするならマメな人がいいわよ!」結婚前には誰もが一度は言われたことでしょう。入籍や結婚式などの手続きに関しても、本屋へ行けば幸せ感いっぱいの情報誌がたくさん並んでいます。

一方離婚の手続きについて本は、大抵本屋の奥の方に位置していて、どれも手にとるのをためらいます。最近はインターネットの普及で書籍はもちろん必要な情報がいつでも手に入るようになりましたが、本当に望んでいる情報を得るまでには膨大な時間がかかります。身近に離婚相談に乗ってくれる友人がいたとしても、自分の味方をしてくれるのは心強いけれど、解決の糸口になることはあまりありません。思い浮かぶ周りの経験者にも離婚相談してみたいけれど、あまり根掘り葉掘り聞く訳にもいかないでしょうし、やっと落ち着いて暮らしている人に過去の話を蒸し返すのは如何なものかとも思います。

これだけ情報が氾濫している世の中で、なかなか自分の欲しい情報が手に入らないというのはとても不安なものです。似たような事例を見つけては一喜一憂し、医学書のような分厚い専門書を読んで、具合が悪くなったことがある方は少なくないと思います。

私たちが、離婚相談所-離婚サポート委員会-を立ち上げるに当たり、お伝えしたいのは、人と全く同じ離婚はないということです。自分の立場を本に載っている事例に当てはめるのではなく、自分の理想とする離婚像を描いて頂きたいということです。ただし、相手がいることを忘れてはいけません。可能な限り良い道を選択してください。それから自分に出来ることを考えてください。少しでも理想に近づけるため、努力も必要です。


フリーダイヤル 0120-150-650

トップページ

トップページ 相談窓口 HPメニュー LINK

お申し込みページへ